iPhoneで動画を編集する

iPhoneで動画を編集する方法をご紹介します。今回は無料のiMovieで行います。

iPhoneの動画編集アプリiMovieをインストール

App StoreからiMovieをインストールします。

 

プロジェクトを作成する

起動すると左の画面になるので、プロジェクトタブでプラス記号を押してください。その後、ムービーを選択してください。

iMovie Project    iMovie Add Project

動画を読み込む

素材となる動画を選択します。複数選択可能です。

imovie add video before    imovie add video

動画をカットする

動画をタップすると左画像のような編集メニューが現れます。ハサミを選び、分割を選ぶと、右画像のように選択したポイントで動画をカットできます。

     iMovie Edit Cut After

動画を並び替える

動画を長押しするとドラッグ&ドロップで動画の順番を変えられます。

iMovie Edit Move

動画の音量を調節する

動画をタップで選択肢し、編集メニューでスピーカーを選択すると、音量調節できます。

iMovie Edit

動画を書き出す

画面左上の完了ボタンを押し、画面下の送るボタンを押すと、動画をさまざまなアプリへエクスポート可能になります。今回は、フォトライブラリに保存するので、ビデオを保存を選択してください。エクスポート設定を選択すると、エクスポートが開始されます。

iMovie Export  iMovie Send  iMovie Export Settings  iMovie Exporting  iMovie Exported

オーディオのクオリティを上げる (宣伝)

弊社の音圧爆上げくんを使うと、編集後の動画の音質をあげられます。iMovieで作った動画で試してみてください!

詳細はこちらをご覧ください。

まとめ

iPhoneで動画を編集する方法をご紹介しました。

動画編集の効率とできあがる動画の品質は、どのアプリを使うかによって大きく変わります。そのため、アプリ選びは重要です。

iMovie以外の動画編集アプリも後日ご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です